45歳セミリタイアおじさんの9年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。毎日のんびり暮らしていますが、老人になる前に最後の悪あがきをしています。同世代(か少し下の世代の)のガールフレンドが欲しい!お金ももっと欲しい!気がつけば最近は金(投資)と女の事ばかり書いてます。

暑くても雨が降っても絵画教室に3ヶ月通い続けた結果…

セミリタイヤ中で自由な時間がたくさんあるので、上達を目指して色々と頑張っています。色々とは テニス と 英語 と デッサン です。

(関連記事)大人の英美体

 

テニスと英語は10代20代の頃から、途中ブランクはありますが長く続いている趣味ですが、デッサンは3ヶ月前に始めたばかりです。

今日も昼前に絵画教室に行って3時間ほどデッサンの基礎と格闘してきました。ずっと集中してたので疲れました。まあ、それでも好きなことなので心地よい疲れと言えるでしょう。

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

 私が今受けているのはデッサン基礎コースで全部で12の課題があります。今日、課題3を合格することができました。

課題1〜3は形を取ることを目的とした課題で、石膏でできた立方体や円柱や球を描きます。形を取るとは見たままの形に描くことです。

今日で形を取るレッスンは終わりで、次回からは(もちろん形を取ることには気をつけながら)質感を描き分けるレッスンとなります。金属やガラスや布を描くレッスンです。難しそう・・。難しそうですが、楽しみです。

 

私が通う絵画教室は、生徒が描きたい絵を描いて、合間合間に先生が指導をしてくれるというスタイルです。なので私はデッサンをしていますが、周りの生徒さんは水彩画を描いていたり、彫刻をデッサンしていたり、油絵を描いていたりと様々です。

ほとんどの生徒さんは腕に覚えがある感じで、皆さんめちゃめちゃ上手です。絶対に大学で学んだか、絵画歴20年以上だろうという人ばっかです。まあ、人は人、自分は自分でコツコツと頑張るだけですが。

 

 ただ、やっぱり長く続けていてどちらかといえば得意と言えるテニスや英語に比べて、デッサンは始めたばかりで下手だし、上手く描く方法がイマイチ分からないのでモチベーションを高く保つのが難しかったです。

レッスンは月に2回コースを選んでいますが、このお金を払って学ぶということが、続けている理由の一つになっていると言ってもよいと思います。

もしも月謝を払っていなくて、無料で教えてもらっていたら、暑いとか雨が降っているとかなんだかんだと理由をつけて行かなくなっていたかもしれません。

しかし3ヶ月が経ち、ようやく少しずつ描き方が分かってきたし、これから秋になって通いやすくなるので、テニスや英語と同じくらい高い意識で続けていけると確信しました。(今までも教室に行っていざ描き始めたらいつも集中はしていました)

 

今日はめちゃめちゃ暑かったですが、さすがにそろそろ暑いのも終わり、秋がいよいよやってくるのではないでしょうか。スポーツの秋。芸術の秋。楽しみでなりません。