45歳セミリタイアおじさんの10年後

45歳で21年半勤めた会社を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。毎日のんびり暮らしていますが、老人になる前に最後の悪あがきをしています。同世代(か少し下の世代の)のガールフレンドが欲しい!お金ももっと欲しい!気がつけば最近は金(投資)と女の事ばかり書いてます。

体の火照りがセミリタおじさんを襲う

5連休中に人とあまり会わなかったので、少し鬱々な気持ちになったと昨日書きましたが、鬱々の理由はそれではなく、もしかすると更年期障害が原因かも知れません。

男でも更年期障害になりますもんね。

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

なぜそう思ったか?今朝3時くらいに全身の火照(ほて)りで目が覚めました。うっすらと汗をかいていました。

昨日は少しだけ暑かったので、27℃の設定でエアコンを入れたので、部屋は暑くなかったはずです。きっと更年期障害ホットフラッシュというやつですね。

実は更年期障害の症状と思われるホットフラッシュは2年前にも経験していますが、あれから症状が出ていなかったので、勝手にもう更年期障害は終わったと思ってました。

症状は今日の午前中も少しだけ残っていましたが、昼には完全に消え去っていました。

気づいたら、昨日感じていた鬱々とした気分もすっかり晴れて、気分爽快!明日は朝から秋空の下、バイクで走り回るかー!なんて気持ちも前向きです。

実際は更年期障害の症状が出たから気持ちが落ちたのか、気持ちが落ちたから更年期障害の症状が出たのかは分かりませんが、一つ確かなのは、私もそういう年齢になったということです。

しばらくはたまに現れる体と心の不調に付き合って行かないといけないということですね。

まあ仕方ない。こういう時、私は肯定的に考えるようにしています。「正しく年を取っている」と。