45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

セミリタイア生活の弱点

今日は本当は少し遠い場所で午後ずっとテニスの予定だったのですが、朝の時点で天気予報は昼過ぎから雨という予報だったので行くのをキャンセルしました。

ところが昼頃もう一度天気予報をチェックすると、雨が降る時間帯が後ろにズレていましたが、もう後の祭り。その時に行っても間に合わないし、行く気力も失せていました。結局、その場所ではもしかすると夜まで雨が降ってないかもしれません。

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

というわけで、何も予定のない日曜日となったわけですが、やることが何もありません。

近くのショッピングモールにでも行こうかと思いましたが、凄い混んでいることが予想されたので断念。

テニススクールにレッスンに行こうとも思いましたが、期末(7〜9月)の最終週ということで、どの時間帯も満員で予約が取れず。

それならバイクで走り回ろうかと思いましたが、いつ雨が降ってもおかしくない天気だったので、そのアイディアも却下。

というわけでほぼずっと家に居て、無駄に昼寝とかしていました。

 

セミリタイヤ生活の弱点は何の予定もない日曜・祝日だと思います。

普段は空いている平日に活動していますから、たとえ予定がなくても、人があまりいないモールや観光地をフラフラするだけでも楽しめます。

しかし、日曜・祝日は平日の人の少なさに慣れてしまっているので、あの混み具合には着いていけず、フラフラする気にもなりません。特に急きょ時間ができた時は、心の準備ができていないのでなおさら出掛ける気になりません。

 

なんかもったいない1日を過ごしてしまったなあと残念な気持ちでいっぱいです。

しかもよく考えたら、今日はテニスに行こうと有休を取った日でした。本当は日曜の勤務はすごく楽チンでゆっくりできるので、喜んで仕事に行くのですが、わざわざ休んでがっかりした気持ちになってしまい、残念でなりません。

まあ、まだあと2日休みがあるので、明日と明後日で気持ちの挽回を図りたいと思います。