45歳セミリタイアおじさんの10年後

45歳で21年半勤めた会社を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。毎日のんびり暮らしていますが、老人になる前に最後の悪あがきをしています。同世代(か少し下の世代の)のガールフレンドが欲しい!お金ももっと欲しい!気がつけば最近は金(投資)と女の事ばかり書いてます。

せミリタ中に友達と会える貴重な週末だというのに…

セミリタイア中の私は平日に仕事がない時も多く、そういうときは自分のやりたいことをやってのんびり過ごしています。

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

平日なので一人で過ごすことが多く、それはそれで気楽でいいのですが、私の場合は別に一人にしておいて欲しいからセミリタイアを選んだというわけではなく、たまにはやはり友人と会いたいです。

 

私はテニスをしているので、普通に仕事をしているテニス仲間たちがテニスをする土日が唯一の友達と会える日ということになります。

 

明日もテニスをする予定があり、テニスをするのも楽しみだし、合間に他愛のないバカ話をするのも楽しみにしています。

 

ところが、昨日の朝くらいから腰痛がジワリと出てきました。もう癖になっている箇所で、たまに張りを感じることはあるのですが、今回は走り回ることが出来るか出来ないかのギリギリの状態です。今の段階で。

 

このままだとせっかくの明日の楽しい時間に参加できないかもしれないので、今日は必死に自分で治療をしています。

 

氷で冷やしてたり、ストレッチをしたり、そして私が頼りにしている腰痛対策があるのですが

 

そう。この「9割の腰痛は自分で治せる」で紹介されている方法でいつも痛みを軽減しています。

 

まだセミリタイアする前の42,3歳の頃に、朝、出社して階段を登ろうとした時に突然腰痛に襲われたことがあります。

 

全く前兆がなくてびっくりしたのですが、痛みが出始めて数十秒でほとんど歩けないくらいになり、その日はずーっと椅子に座ってなんとか耐えたのを覚えています。

 

帰りは、歩くのも当然ままならない状態だったのですが、なるべく痛くないようにちょっとずつ、ちょっとずつ進んで、途中の本屋でこの本を買って、なんとか帰宅しました。

 

家では藁にもすがる思いでこの本に書いてあることを実践してみたところ、劇的に症状が改善して、翌日には少し痛みはありましたが、ほぼ元通り。歩いたり仕事をすることには支障がありませんでした。

 

それ以来、この本は私のバイブルであり、少しでも痛みが出たらこの方法で自分で治しているというわけです。痛みが出なくても予防としても使っています。

 

今週は2回ほどジムに行って、筋トレやRUNで張り切ってしまったために腰痛が出たのだろうなと思います。

 

ホント年を取ると、これまで大丈夫だったことが大丈夫でなくなってきて嫌になります。たった2回ジムに行ったくらいで…。

 

とにかく今日は頑張って腰痛を治したいと思います。

 

50代になって早期退職を考えたら

このまま会社にいるしかないの? と思っている人へ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
あなたの1clickが私を動かす(^_^)