45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

株とFXデビューから1ヶ月後の成績

株式投資デビューをしてからちょうど1ヶ月ほど経ちました。

りそなホールディングスを313.7円の時に600株買い、一昨日334.4円で全て売りました。

なので利益は12,400円ほどでしょうか。それから配当金も2〜3ヶ月後に多分12,600円ほど入ると思いますので、合わせてちょうど3万円ほどのプラスとなりそうです。

まだまだこの先、株価は戻ってくると思うので、まだまだ持ち続けるという選択もあります。

日経平均のチャートはこんな感じで上向きです。

f:id:pintarox:20200415191035p:plain

では、なぜこのタイミングで売ったかというと、そろそろ下がり始めて二番底を探しに行くのではなかろうか、と判断したからです。

今日の感じではまだそんな傾向は見えませんが、過去の暴落の歴史を振り返ると、必ずこの後にもう一回下値を探りに行っています。

すでに40%強の戻りを見せているので、黄金比の38.2%も超えたし、せいぜい戻っても半値戻しの20,000円くらいではないかと思い、早々に売ってしまったというわけです。

また下落したらタイミングを見て買っていきたいと思いますが、とりあえず一番底が16,000円辺りということが分かったので、次のタイミングは掴みやすいかなと思います。

もしもこのまま上がり続けて二番底が4月頭の17,500円だったら、その時は潔く諦めます。

でも、経済に影響がで始めるのはこれからですよね。その時に備えておきたいと思います。

配当金高めで権利確定日が間近の会社を今から探しておこうと思ってます。 

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

さて、FXも1ヶ月前にデビューを果たしましたが、こちらはまだ持っています。メキシコペソを10万通貨。スワップ狙いですが、1万通貨当たり10円だったスワップポイントが4月に入って5円に落ちてびっくりしましたが、今は7円とか8円に戻ってきました。

スワップ合計は1,508円で、為替損益は-4,860円です。

為替損益はプラスになったりマイナスになったりフラフラしていますが、メキシコペソは資源通貨という位置付けらしく、原油価格が上がればペソも上がってくると考えています。

原油はさすがに底値に近いのではないかと思うので、ペソもこれより大きく下落することはないのではと思います。

スワップが1日に50円ほど着実にコツコツと入ってきているので、為替損益がプラマイ0だとしても、年に18,000円ほどのプラスとなる計算です。

証券口座に20万円入れているので、年利9%となります。スワップポイントがもっと上がれば、例えば10円に戻れば年利18%近くなるわけです。

金利通貨のスワップ狙いで怖いのは円に対して安くなることですが、先ほど述べたように原油価格の上昇とともにペソも上がってくると思っているので、それほど通貨安の心配はしていません。

 

という感じで、株とFXを合わせるとちょうどプラマイ0となっています。配当金を入れるとちょっとプラスです。

また、それ以外の金融資産(海外ファンドとかiDeCoとか外貨とか暗号資産とか)についても計算してみましたが、1月に比べて全体で3%のマイナスで済んでいます。

ゴールドの価格が上がっているのもヘッジになっているようです。

どうでもいいけど外出できないのは退屈ですねー。早くコロナおさまって欲しいです。