45歳セミリタイアおじさんの10年後

45歳で21年半勤めた会社を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。毎日のんびり暮らしていますが、老人になる前に最後の悪あがきをしています。同世代(か少し下の世代の)のガールフレンドが欲しい!お金ももっと欲しい!気がつけば最近は金(投資)と女の事ばかり書いてます。

セミリタ10年間の振り返りと今後の目標

11月1日でセミリタ生活も11年目に突入しました。

セミリタしてからの10年間を振り返りたいと思いますが、一昨年も昨年も振り返っているんですよね。↓

pintarox.hatenablog.com

pintarox.hatenablog.com

ざっくりまとめると、セミリタしてからストレスのない生活が送れているという事と、それが実現できたのは45歳で会社を辞めるときにある程度の貯蓄と退職金があったからという事を書きました。

今もストレスのない生活が送れているし、書き足すことはあまりありませんが、付け足すとすれば、直近の1年間は投資とガー活をより真剣に取り組んできたという事でしょうか。

投資に関しては、この1年で投資対象が増えました。

今、投資対象としているのは下の7つです。

・株

・債券

・ゴールド

・暗号資産

J-REIT

・インフラファンド

・外貨預金

この中で一番長く取り組んでいるのは、外貨預金ということになるのかなー。

2008年にHSBC香港に口座を開設しましたが、口座の中で10通貨くらいを自由にスイッチできたので、半年か1年に一回程度スイッチしていました。

まあ、特に大きく儲けようと思っていたわけではなく、せっかく簡単にスイッチできるので、やってみたって感じです。

あまり欲を出さなかったのが良かったのか、トータルでは多少のプラスだったと思います。

これが投資と呼べるかは微妙ですが、一応各通貨ペアのチャートを比較して1番儲かりそうな通貨を選んでいたので、まあ緩い投資であったと思います。

その後はしばらく投資から離れ、前回記事にした通りネットビジネスにハマっていました。

ネットビジネスで限界を感じた後に、2016年くらいに暗号資産を買い、2019年だったか、NISAで株やETFを買い始めました。

そして今年、ゴールド、債券、J-REIT、インフラファンドを購入して、今に至るといった感じです。

ただのビギナーズラックだと思いますが、J-REITとインフラファンドがプラスになっています。(しっかり比較はしていないのですが、この2つは感覚的には日経平均株価よりもこの数ヶ月は成績が良いように見えます。特にインフラファンド)

老後資金をゼロから1000万円つくる方法

そして、ガー活ですが、なかなか思ったほどはガールフレンドが出来ないことが分かったこの1年です。

でも、女性と積極的に話すようになって、女性と話したりラインしたりといった交流は確実に増えています。

麻友子さんとは残念ながら関係は終わった感じですが、新しくユキさんと二人で会うようになり、実はさっき3度目のデートをラインで誘ってみたところです。

これをOKしてくれたら、今後の展開がさらに楽しみになりますが、どうだろう。

2回デートして、「思ったほど面白くない」と思われていたら、3度目はないでしょうね。

結構ドキドキして返事を待っているところです。

50歳からの「死に方」残り30年の生き方

今後の目標は、引き続き投資もガー活も頑張るという事と、あとは2年以内にフルリタイヤが出来るように色々と真剣に考えるという事です。

あとはもっと人生を楽しもうと思ってます。

最近、立て続けに老人が主人公の小説を読みました。

・一橋桐子の犯罪日記(原田ひ香)

老害の人(内館牧子

・妻の終活(坂井希久子)

老人になると、世間から切り離されて、日中にやることが本当にないということが良く分かります。

そうなったら諦めるしかありませんが、まだ諦める年齢ではないので、テニスやガー活や、他にも何か新しいことなどに積極的に取り組み、人生をもっと楽しむことを今後の目標にしたいと思ってます。

本気でFIREをめざす人のための資産形成