45歳セミリタイアおじさんの9年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。毎日のんびり暮らしていますが、老人になる前に最後の悪あがきをしています。同世代(か少し下の世代の)のガールフレンドが欲しい!お金ももっと欲しい!気がつけば最近は金(投資)と女の事ばかり書いてます。

投資もガールフレンドも勝てる分野で勝ちに行く

私が相場の逆神(株などの売り買いが全て裏目ってる人)と勝手に思っている、とあるブログの主さんですが、相変わらずあまり良い結果が出ていないようです。

50代半ばで投資をしていてセミリタ生活を送っているという、私と似た境遇にあるのでちょくちょくブログを読ませてもらっていますが、その人の投資について気づいたことがあります。

「投資で有名な〇〇さんが上がりそうって言ってたから」とか「ネットで下がりそうって言ってたから」という理由で売り買いしているということです。

一応投資歴は10年以上あるようですが、自分の投資スタイルがないというか、投資哲学がないように見えます。

そりゃ迷走しますわな。

女子高生 株塾 <マンガでわかる株式投資>

 

まあ、でもこの人がなかなか利益を出せない大きな理由はそこではないと思います。

勝てないところで勝負をしているのが大きな理由なんだと思います。

つまり、投資のメインが日本の個別株というのが問題なのかなーと。

どの会社が株価を上げるかをピンポイントで当てるなんて難しくないですかね。

しかも日本の市場はやっぱり人口減少に伴って魅力的ではなくなってきていると思います。

勝つのが難しい分野で勝負していることが最大の勝てない理由なんだと思います。

と言いつつ、私も株やETFについていえば、この1年のトータルはほぼプラマイゼロです。

アメリカ関連は好調ですが、中国株が足を引っ張っています。

やっぱり今は米株がほとんどの人にとっての勝てる分野なんだろうなと思います。

そしてもう一つ、今なら誰もが勝てる分野が暗号資産なんだと思います。

暗号資産の親玉のビットコインボラティリティは大きいですが、ずっと右肩上がりです。

そして4年周期で動くので、それが分かっていれば大きな間違いをしなくて済みます。

私は5年前から暗号資産に少しずつ投資をしながら色々と学習していたので、昨年と今年の上昇は私にとってはある意味分かっていたことです。つまり勝てる分野だったということです。

ブログにざっくり資産として資産額を乗せていますが、ブログを隈なく読まれている方は分かっていると思いますが、昨年の11月に200万円で始めた暗号資産ですが、本当はもうちょっとあります。(暗号資産はボラティリティが高すぎるので資産としてカウントしないと、200万円でスタートする前に書いた記憶があります)

そんな暗号資産ですが、そろそろ長い調整の期間がやってきそうなので撤退の準備を進めています。

その後は、アメリカが長期金利を上げ始めたら、ドル高円安になると思うので、外貨投資ですかね。

次の暗号資産の季節(3年後くらい?)までは現状維持か少しプラスで十分です。

 

さて、勝てる分野で勝ちに行くのは投資だけではなく、人生はなんでもそうだと思います。異性についてもやっぱり同じ。

私の勝てる分野は「話術」ではないと今年思いました。

出会い系の人や美人受付嬢とのメールやラインでのやり取りでは、なかなか私の良さをアピールすることが出来なかったと思います。

では私の勝てる分野はどこかと言えば「テニス」かなと。

実は、このブログを始める前だから、6、7年ほど前でしょうか。

テニススクールで知り合った女性と仲良くなったことがあります。

何度か飲みに行って、「これは!」という雰囲気になり、そろそろか!と思った矢先に、彼女の旦那さんの転勤が突然決まり、遠くに行ってしまうという残念な結末でしたが…。

テニススクールで女性が多いのはやっぱり何と言っても平日の昼間です。

そんな時間にテニスができるのは時間に余裕のある人だけです。コロナが流行る前は特にそうでした。

私は平日休みが多いので平日の昼間にもスクールに行けます。

6、7年前の時もちょくちょく平日の昼間のレッスンに出ました。

私がテニスをする上で気をつけているのは正しいフォームです。徹底的にコーチに矯正してもらっています。

その甲斐もあり、フォームはキレイだと自分でも思います。

ゲームで勝てるかどうかはまた別ですが、でもやっぱりきちんとしたフォームで打つとミスは減ります。

フォームがキレイだと「上手い人」という風に見られます。

上手い人と見られたらもうこっちのものじゃないですか。

「もっとこうしたらいいですよ」とか「こういう原理だから体はこうやって使うのがいいですよ」とか教えてあげるととても良い印象を持ってくれます。

そうやって6、7年前は良い雰囲気にまで発展しました。

そして先日知り合った素敵な40代女性からも、あの時と同じような印象を持たれている感じがします。

これは良い方向に進むのではないだろうかと少し期待しています。

しかし、6,7年前の時と比べて今回一つだけ条件が悪いです。

それは今回は子持ちということです。

前回は子供がいない人だったので色々と自由でした。出かける時間とか、考え方とか。

 さて、どうなりますか。