45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

うわ!3年ぶりに発見!こんなところにお金があったよー!

3年ぶりにある場所を覗いてみたら、すっかり忘れていたお金がそこにあったんです!

その額、112万円!(((;゚Д゚))))なんだってー? 

女子高生 株塾 <マンガでわかる株式投資>

 

ある場所とは暗号資産の取引所です。

Poloniexという海外の取引所です。

最近、DOGEコインが爆上げしていたので、「もしかして昔利用していた取引所に少し置きっ放しにしてなかったかなー」と思って覗いてみたわけです。

3年前はDOGEは0.35円くらいで、今は70円とかなので、200倍ですよ。

その時に1000円分でも買っていたら、今は20万円とかです。

3年くらい前に少しだけ購入した記憶があるので「もしかしたら」と期待してログインしてみると…

DOGEコインは無かったのですが、なんとイーサリアムが2.88ETHも置いてあったんです。

今、1ETH=38万円くらいです。あとちょびっとBTCも置きっ放しで合計で112万円です。

たぶんそのイーサは4年くらい前に1ETH=1万円以下で購入したものだと思うので、4年間で40倍になっていたということですね。

ちょっとこれを見つけた時はビビりましたね。

元々私のものですが、急に112万円を貰ったような気分です。(ま、来年、確定申告で少し納税しますが)

で、せっかくのプレゼントなのだから減らしたくないじゃないですか。

価格が下がる前に円に変えようと思って、Poloniexから日本の取引所に移動しようとしたのですが移動できません。

そしてPoloniexから英文メールが届きました。

英語ってだけで緊張します。

「なんだよー。おれのイーサだぞー。文句あんのかー」と思って読んでみると、どうやら3年前に使っていたIPアドレスではない所から、やはり3年前に使っていたIPアドレスとは違う所に送ろうとしたので念のため送金をキャンセルしたという内容でした。

たしかに3年前と違うwifiルーター使っていて、3年前と違う取引所に送ろうとしました。

どちらか一つを3年前に利用したIPアドレスの所にしたら送金できると書いてあったので、3年前の履歴を見て利用したことのある取引所に送ってみることにしました。

とりあえず20時間くらい経ちましたが、「Awaiting Approval(承認待ち)」状態で、キャンセルとはなっていないので大丈夫だと思います。

そしてですね、たまたま昨日知ったのですが、2019年に閉鎖されたCoinExchangeという海外の取引所が5/18に再開するとのことです。

全然記憶にないのですが、なんか私も利用したことがあるようです。(ログイン名とパスワードを書いたメモが残ってました)

ここにもBTCかETHかDOGEなんかが置きっ放しだったらいいなーと思いつつ、その日まで待ちたいと思います。


 【追記】5/9  9:50AM

また送金がキャンセルされました(T_T)

Poloniexからメールが来て、今度はverificationが不完全とのこと。

たしかに3年前はメアドの登録だけで使えたくらいユルユルでしたからね。

1番シンプルな方法はPoloniexのアプリを使って登録することらしいです。

登録したらメールしろと。そしたらすぐに送金してやると。

なんかだんだん面倒くさくなってきましたが、これが11,200円のためならやらないかもしれませんが、112万ですからね。

やりますよ!やり遂げますよ!やってやりますよ!


【追記2】5/12  18:30AM

ついにPoloniexに3年間眠っていたお金を救い出しましたよ!

Poloniexのサポートから次のようなメールを受け取りました。

Your account is now active and ready for trading!  – feel free to try again at your convenience.

おおー!やったー!

まずはETHをBTCに変えて、そしていよいよ日本の取引所に送金しました。

先ほど着金を確認しました! 

今はまだBTCのままですが、価格を見ながら少し上がったところで売って円に変えたいと思います。

今回の救出をやり遂げることが出来たのは、英文でやり取りが出来る最低限の英語力があったからです。

これがもしロシア語とかアラビア語でやり取りしなきゃいけなかったら絶対に諦めていましたね。

英語、勉強しといて良かった…。