45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

今月の資産 ざっくり計算結果(2021年3月)ついに…

今月のざっくり資産ですが、11月に購入した暗号資産が好調で、ついに資産合計が目標の2000万円を超えてしまいました!

 内訳を見てみますと、


企業年金基金  605→605(変わらず)

iDeCo  111→114(堅実に+2.3)

・暗号資産  558→681(驚きの+123!)

・株・投信  233→237(ほぼ横ばい)

・預金  436→385(色々使った+補正)

                    ※302+64+10+9 

・トータル  1943→2022(おー!2000万突破ー!)

という感じになっています。

女子高生 株塾 <マンガでわかる株式投資>


預金額ですが、色々なところに置いてあるキャッシュ相当のものを合計した金額なのですが、どれを含めてどれを含めてないのか訳がわからなくなり、今月から自分用に※マークで判るようにしました。

キャッシュ相当というのは、例えば楽天ポイントとかですね。

少し前に3万ポイントを楽天ウォレットでビットコインに変えたら、今9万円相当まで増えていて、それも預金額に含めています。

というわけで、昨年の7/6に「7年で2000万円貯める」という記事を書きましたが、なんと9ヶ月足らずで達成してしまいました。

上手く暗号資産の上昇相場に乗れたおかげですが、気をつけないといけないことが2点あります。

1点目は、暗号資産の681万円というのは、まだ利益確定していないということです。

暗号資産は利確しなければただの数字です。

今日、大暴落して10万円くらいになる可能性だってあります。

でも私としては、以前から書いているように、PlanB氏のストックフロー理論から導き出される1BTC=10万ドルになるまでは利確をしません。

その時期は夏前後と思っていますが、それまではただの数字だということを忘れないようにします。

そしてもう一点は、やはり暗号資産についてですが、利確したら税金が掛かるということです。結構ごっそり持っていかれます。

ざっくりシミュレーションをしてみると、所得税と住民税を合わせて121万円を納税しないといけません。

もちろん来年、確定申告して納税しますので、税金分を考慮すると、今のところの資産は1900万円となります。