45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

株とFXデビューから3ヶ月後の成績

3月に株とFXのデビューを果たしましたが、現在の成績を書こうと思います。

先日、投信も購入してしまい、さらに10年以上前に勢いで購入した海外ファンドもあり、昨年から再開したiDeCoもあり、何が何だか分からなくなってきたので、整理の意味もあり、まとめたいと思います。

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

まずはコロナ暴落に乗じて購入した株とFXと投信ですが、株はりそなホールディングスを600株購入しました。

2週間くらいして、NYダウも日経も4割戻ったので、そろそろ落ちるだろうと思い全て売却しました。

12,400円のプラスでしたが、その後の株価はさらに上がっています。なかなか上手くいかないものですが、プラスだからまあいっかと思っています。

6,400円の配当が先日振り込まれ、合わせて2万弱です。

FXはスワップ狙いでメキシコペソを10万通貨購入して、毎日スワップが70円付いて、今のところ5千円ほどプラスです。

さらにここ最近のペソ高(というか円安)で、為替損益がプラス3万円ほどで、合計プラス3万5千円。

そして投信は「たわらノーロードNYダウ」というのを1週間前に購入して、プラス5千円ほどになっています。

3つを合計すると5万5千円ほどのプラスになっています。

完全にビギナーズラックですね。始めた時期が良かっただけですね。

投信は積み立てて行こうかと考えていますが、FXはもう少しペソが上がったら売却を考えています。

スワップ狙いだったのに、あまりに急激な値動きなので、一度落ち着こうと思います。

まあ、もしかするともったいないかもしれませんが、利確して次のチャンスに備えておこうと思っています。


さて、12年前に人に勧められて勢いで買った海外ファンドですが、へっぽこファンドマネージャーのせいで、ほんの半年くらい前まではマイナスでした。(3/4はアクティブファンド)

それが(1/4組み込んだ)ゴールドの急騰でプラスに転じ、さらにここ最近のユーロ高で(ユーロ建てなので)、トータルで10%くらい(50万円弱)のプラスとなっています。

でも12年間、NYダウでも日経でもいいから、インデックスファンドで積み立てていたらと思うと悔やまれますね。やっぱりインデックスファンドが最強。まあいいけど。

そしてiDeCoですが、こちらは色々と組み替えてますが、2万円弱のプラスとなっています。

結局、世界中で政府がジャンジャンお金を市場に投入してくれているので、しばらくは何を持っていてもプラスになるってことですね。

でもいつかはバブルは弾けるはず。

いつでも逃げられるように気をつけたいと思います。