45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

目の手術から1年

今日は雨の伊勢佐木町にやって来ました。

左目の手術をしてからちょうど1年が経ち、術後の検査のために来たわけですが、前回来たのは6ヶ月検診の時だったので、半年ぶりの伊勢佐木町です。

関内駅で降りて、伊勢佐木モールをテクテク歩いていきますが、私はこの商店街が結構好きです。

f:id:pintarox:20200601145040j:plain

一言で言えば「庶民的な雰囲気の商店街」です。

高級志向や高い品位などない私には馴染みやすい場所なのであります。

商店街を歩いてみると、なんか以前と違うなあと違和感を覚えましたが、すぐに理由が分かりました。

駐車違反の自転車がない!どうりでスッキリしてると思いましたが、きっと昨日まとめて撤去されたのでしょう。

予約時間より少し早めに関内に着いてしまったので、途中のドトールで時間を潰しました。

1年前の手術の前後にもよくこの店に来たなあ、と懐かしく思いつつブレンドコーヒーを飲みました。

あの時は不安しかありませんでした。

特に術後1ヶ月間は手術の影響で視野が白く霞んだままの状態が続いて、「これでテニスもバイクも読書も好きなことを諦めないとダメなのか」とかなり不安に思ったものです。

その後、霞も取れて(視野欠損は少しありますが)、テニスもバイクも読書も以前のように出来るレベルに戻りました。良かった良かった。

さて、1年後の検査の結果は特に問題なしです。手術跡も問題なし。ホッとしました。

次回また1年後に来てください、と先生に言われて終了です。

若いのに優秀なこの先生と話すだけで、安心感が得られます。

この先生とは全然関係ありませんが、コロナ自粛でストレス気味だった気持ちまで和みました。

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

今日は待合室も一つ席を空けて座るようになっていて、受診する人は少なめに見えました。

実際、新規で受け付けていないようで受診者は少なかったようで、いつもより早く終わりました。

さて、何か食べるか。

ここ何回か、いつもこの眼科に来た後に寄る店があります。

お手頃価格で本場フレンチ料理が食べられる店です。

今日もランチを食べに行きました。

フランスで修行を積んだシェフが作る料理がたったの960円(コーヒー付き)。

まあランチにしては私には高い(いつもすき屋のサラ玉ランチミニで440円)のですが、ここに来た時だけ特別です。

f:id:pintarox:20200601145121j:plain

料理はやっぱり美味しかったし、他にもここ数日でちょっといいこともあり、気分は良いです。

とにかく昨年は手術もあったし最悪な年でしたが、あれからちょうど1年経って、流れが少し変わって来たような気がします。

うん。変わったと思うことにします。