45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

セミリタおじさん、みなとみらいで凄い物を見る

今日は仕事が休みなので、またふらりとバイクでみなとみらいに来ました。今、海を見ながらこれを書いてます。 

f:id:pintarox:20190930161135j:plain

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

無料のバイク置き場が赤レンガ倉庫の近くにあるのでそこに置いて、まずは広場や赤レンガ倉庫の中をふらふらしました。

平日だから空いてます。感覚的には休日の1/10くらいの空き具合。

でもやっぱりカップルが多いです。他に中年のおじさんをほぼ見かけませんでした。

 f:id:pintarox:20190930153622j:plain

この赤レンガ倉庫を撮影したのと同じ場所で180°向きを変えて見えるのがこれ。

f:id:pintarox:20190930154304j:plain

この船は何かと言うと、少し近づいて見てみると

f:id:pintarox:20190930154429j:plain

「あきつしま」と船体に書かれていますが、これは海上保安庁の巡視船です。日本の海を守ってくれている船ですね。

凄い物とは、この船ではなく、この船の左隣にある建物の中にあります。

左隣の建物とは

f:id:pintarox:20190930155139j:plain

海上保安資料館横浜館」です。その下に書かれているのは「北朝鮮工作船展示」という文字。なんか凄そう…。いや、実際に凄いんですよ。

先週も見に来たのですが、初めて展示物を見て驚きました。

2001年、日本の海域に違法に侵入してきた北朝鮮工作船と日本の海上保安の船が銃撃戦を行ない、逃げ切れないと思った工作船が自爆して海に沈んだのですが(映像が流れていました)、それを引き上げたものが丸ごと展示されています。

先週は写真を撮ってなく(撮影OKか確認してないので、OKなら)今日撮ろうと思って来たら、残念ながら今日は休館日でした。

なので今日のところは前回もらったパンフレットに載っている写真を載せます。

f:id:pintarox:20190930160501j:plain

全長30m、サビサビですね。銃撃戦の弾痕や自爆して穴が空いた船壁も近くで見ることができて、その時の緊迫感が伝わってきます。

日本の平和は見えないところで守られているんですね。みなとみらいに行ったら、是非多くの人に見てもらいたいですね。