45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

3日ローテのビル設備の仕事の良いところ

私は職業訓練校でビル設備コースを受講しましました。

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

学校では電気やボイラーの勉強をしますが、その合間を縫って、たまに卒業生の話を聞くことがありました。

就職活動や実際に働いてからの様子を何人かの卒業生から聞き、働き方が色々あることを知りました。

卒業生の話を聞き、私が希望するようになった条件は「3日ローテーション勤務」です。

朝から翌朝まで24時間働き(もちろん仮眠はあります)、明けの日とその次の日は休みという3日ローテーション勤務に興味を持ったわけです。


明け休の日を休みとカウントすれば、年間240日以上が休みということになります。

以前勤めていた大手企業でさえ年間126日の休暇だったので、240日というのは自由時間がいっぱい欲しい私には超魅力的でした。

そしてその願いが叶う職場へ就職できたのは実にラッキーでした。


3日ローテーション勤務で唯一残念なことは、長期休暇がないことです。

年末年始もお盆も長期休暇はなく、最長で2連休です。(最短でも2連休ですが…)

そして、元日や大晦日も勤務する時があります。

それが嫌な人は3日ローテーション勤務の職場へは応募していませんでしたが、私はそれについては全く気になりませんでした。


そして、長期休暇がないと書きましたが、有休を取れば簡単に連休となります。

1日有休を取ると5連休になります。2日取れば8連休です。

2日休むとシフトが大きく変わるので、ほとんど8連休にはしませんが、5連休は結構あります。


実は今度の日曜に有休を取り5連休としました。日曜に少し遠くまで行ってテニスを朝から晩までするためです。

こんな感じで、1日有休を取っただけで簡単に5連休になってしまうところが、3日ローテの良いところだと思っています。

でも次の日曜、高い確率で雨なんですよねー(泣)