45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

目を怪我したのにテニスが上手くなった理由

1年2ヶ月前に左目を怪我させられ、点眼治療を続けてきましたが、ついに3ヶ月前に手術をしました。(加害者には腸(はらわた)が煮えくり返る思いですがそれはまた別途)

手術前から実は少し見えにくさがあり、手術は成功しましたが、その手術は症状を悪化させずに現状を維持するためのものです。

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

さて、手術を受けて出血などで一時的にさらに見えにくさが増しました。

この時、もう大好きなテニスは一生出来ないかも知れないと絶望的になりましたが、術後2ヶ月くらいからほぼ手術前の状態に戻り、またテニスを再開することが出来ました。

 

実はテニスを再開して、激しい動きに体が慣れてきた頃、ある異変に気付きました。「あれ?なんか前よりも上手くなってる?」と。

手術前は内服薬も服用していたのですが、その薬はかなり強力で、体の水分を減らす働きがあり、スポーツ中にこまめに水分補給をしても、いつも体が重くて疲労感を感じていました。

手術をしたおかげでその内服薬を服用する必要がなりなり、体が軽くなったのは確かなのですが、上手くなったと感じたのはそれだけが理由ではありません。

 

最初はよく分からなかったのですが、ある時「ハ!」と気づきました。

ボールをよく見ている!めっちゃよく見ている!ということなのです。

球技、特にボールが小さい球技はボールをよく見ることは最重要項目でありますが、テニスの場合は、ボールを見つつ相手のポジションも見ないといけないので、ボールをよく見ることを疎かにしてしまいがちです。

私の場合、左目が少し見えづらい部分があると思っていて(実際に見えづらいのですが)、さらに元に戻ったとは言え、手術の影響でさらに見えづらくなったこともあり、自然とこれまで以上にボールをよく見るようになっていました。

このおかげでミスが減り、集中力も上がったのだと思います。

 

これを「怪我の功名」と言うのかも知れませんが、私はテニスは下手なままでいいから、左目を前の状態に戻して欲しいと今でも思ってます。

加害者には腸が煮えくり返る思いですがそれはまた別途。(2回言ってしまった  笑)