45歳セミリタイアおじさんの10年後

45歳で21年半勤めた会社を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。毎日のんびり暮らしていますが、老人になる前に最後の悪あがきをしています。同世代(か少し下の世代の)のガールフレンドが欲しい!お金ももっと欲しい!気がつけば最近は金(投資)と女の事ばかり書いてます。

夢見るセミリタおじさんがやってる超ハイリスク投資とは?

今日は仕事です。オフィスビルの社員さんがゾロゾロ帰るのを横目にこのブログを書いています。 

40歳を過ぎたら定時に帰って自分の人生を取り戻す

 

私は休みだったのですが、昨日は台風の影響で、朝いつもどおりの時間に来れない人が続出したようです。

もしも昨日が勤務日だったら、私も大変な思いをして通勤してただろうし、さらに雨水が建物に侵入してないかを確認するという結構面倒な作業をしないといけなかったので、1日ズレていてラッキーでした。


さて、昨日の記事で「不動産投資に少し興味が出た」と書きましたが、サラリーマン大家の友達に色々と教えてもらったり、不動産投資ブログを読んだりした結果、私には合ってないかなーと思いました。

10年以上続けている海外ファンドの積立が、ちょうどあと1年くらいで満期を迎え、そうするとたぶん500万くらいのまとまったお金が出来るので、次にどう有効活用するかを今から考えていて、不動産投資も選択肢の一つにしようと一瞬思ったのですが、ちょっと無いかなーという感じです。

かなりの勉強が必要そうだし、リターンは高いのかもしれませんが、リスクも高そうと思って積極的になれません。


11月にそのサラリーマン大家の友達と会う予定があるので、その時にも話を聞いてみますが、どうでしょう。

50代というのはやはり無理はいけませんね。大切な資金がマイナスになるようなことは避けたいところです。


実は私は超ハイリスクな投資(ではなく投機と言ったほうかいいかも)を1つしていて、ハイリターンはそちらに期待すればいいかと思っています。

その超ハイリスクの投資とは暗号資産です。仮想通貨のことですね。

2年前にビットコインとかイーサリアムとかリスクとか色々売買してみて、今はあるアルトコイン保有していますが、運良く最初に投資した額の4倍ほどに増えています。


暗号資産全体としては、去年の12月に底を打ち、今はそこからちょっと上がった所でヨコヨコですが、年末に向けて大きな上昇への動きがあるんじゃないかと噂されている。というのが今の状態ですね。

暗号資産はもう終わったという意見もありますが、私は期待を込めて保有し続けることにしています。

ただ、やはり当てには出来ないので、将来の老後資金の準備としては暗号資産はカウントしないようにしています。暗号資産は増えればラッキー程度です。