45歳セミリタイアおじさんの10年後

45歳で21年半勤めた会社を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。毎日のんびり暮らしていますが、老人になる前に最後の悪あがきをしています。同世代(か少し下の世代の)のガールフレンドが欲しい!お金ももっと欲しい!気がつけば最近は金(投資)と女の事ばかり書いてます。

他のアラフィフ友達よりも少し先を歩いている話

私は今52歳ですが、テニス友達も50前後から50半ばの人が多いです。

だいたい50とか50を過ぎたサラリーマンは関連会社に出向とか移籍とか、そういう話が出てくる頃です。

この2ヶ月くらいで飲み会の席で4人もの人からそういう話を聞きました

「行こうかどうか迷ってる」とか「出向になって給料が激減した」とか、そんな話題が多くなる年代なんだと思います。

私の場合、45歳で前の会社を早期退職して、1年ちょっと無職の期間があった後に今の会社に入りました。

前職とは業種も職種もまったく違い、給料は半分以下になりました。

前の会社を辞めてもうすぐ7年ですが、最初はどうなるかと思いましたが、今となっては辞めて正解だと思っています。

給料は減りましたが、それ以上に休みが多くて自由時間がたくさんあり、以前よりもやりたい事が出来ています。仕事上のストレスも特になく、以前よりは幸福度は高くなったと思います。

人はバリバリ働いている40代とかアラフィフのときには、50代以降に急激に訪れる中高年の現実がきっと分かっていないはずです。

知識としては知っていてもいざ自分がそうなるともの凄い大ごとだと思ってしまうのでしょう。

まあ給料が半分になったら大ごとですが、私はもう慣れましたし、別にそんなに大ごとではないと思います。

こうやって他の友達よりも一歩先を行っている私が、酒の席で「思ってるほど大変じゃないって。大丈夫だよ。なんとかなる」と元気づける場面が増えて行くのかなあと思っています。

 
なぜか人気の高いカテゴリー「50代 生き方」
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村