45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

大人になってからこうやって友達ができました

昨日、目の手術後に初めてテニスをして以前と同じようにプレーができて嬉しいと書きましたが、これはただ単に「好きなテニスがまだ続けられて嬉しい」という意味だけではありません。

44歳からテニススクールに通い始め、テニスを再開しましたが、それから7年以上の間にスクールで知り合った同世代のテニス仲間が何人もいます。

しかし、もしも目の見えづらさによってボールとの距離感が取れず、まともにテニスが出来なくなっていたら、テニスから離れるつもりでいました。

そうなったらテニス友達とも接点がなくなるところでした。たぶんそうなっても飲み会には誘ってくれるかもしれませんが、話す話題もテニスが出来なくなった私に気を使うだろうし、なんかそういう場には行きづらくなるじゃないですか。

そういう意味でもテニスがまだ続けられて本当に良かったと思っています。

やっぱり大人になってからできた友達は貴重だと思います。特に男性の場合は大人になってから友達は出来づらいと感じます。

女性はコミュニケーション能力が高いのですぐに女性同士で仲良くなりますよね。あれは見ていて羨ましいです。特に年の差があっても普通にタメ語でフレンドリーに話すのは凄いと思います。外国人みたい。

私は誰とでもすぐに仲良くなる社交的なタイプではありませんが、それでも大人になってから友達ができたのは

友達を作ろうと思ってテニススクールに通い始めたわけではない

ことがポイントだったと思います。

テニススクールに通い始めたのは、テニスが上手くなりたかったからです。

そしてテニススクールにはそういう人が大勢います。

同じ目標を持っている人たちは仲良くなりやすいという法則(がきっとあると思いますが)の通り、自然と仲良くなったわけです。

「ぼく友達を探しているんですが、友達になってくれませんか?」という人とは友達になりませんよね?

大人になってから友達を作りたい人はまずは何か趣味に打ち込んでその趣味を通して人と実際に出会うのが友達作りとして自然なのだと思います。

私はこれからもテニスを出来る限り続けます。そしてその中での人との出会いも大切にしていきたいと思います。

 
なぜか人気の高いカテゴリー「50代 生き方」
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村