45歳セミリタイアおじさんの8年後

45歳で大手企業を早期退職。1年間フラフラした後に現在はビル設備管理の仕事を月に10日。子供の教育資金と老後の資金は足りるのか?さらに51歳の時に目に怪我を負わされ人生転落の危機。それでも毎日のんびり暮らしています。

ダイアモックスやめて体重3kg増えました

今年の2月くらいからダイアモックスという薬を飲んでいました。1日3回。

この薬は眼圧を下げる効果があるわけですが、その副作用として体中の水分が減る方向にあります。つまり軽い脱水症状を起こすわけです。

でも医師からはそんな説明を受けなかったので最初は知りませんでした。

ダイアモックスを飲んで、いつもと同じように週に1回通っているテニススクールにレッスンを受けに行くと、最初の15分くらいでもの凄い疲労感に襲われました。

レッスンは80分で最初の60分はほぼ休む暇もなく動き回るようにコーチがメニューを組んでいますが、私はけっこう体力には自信があり、いつも全然疲れません。2コマ連続で受けてようやく「ああ~いい運動になったあ~」と思う程度です。その後にテニス仲間とさらにテニスをすることもあります。

そんな体力だけは自信がある私が15分で膝に手をついてハアハア言っているわけです。あのまま続けたら倒れるんじゃないか思いました。

「おかしいなあ」と思いながらとりあえず水を飲んだら何とか最後までレッスンを受けることができましたが、まだその時点では原因がよく分かっていませんでした。

家に帰ってよく考えてみて「もしかしたらダイアモックスが原因なのではないか」と気がつき、次の週からはスポーツドリンクを持参し、できるだけ小まめに水分補給をするようにしました。

それでも1コマ終わった後はかなりの疲労が残りました。テニス仲間とその後にさらにテニスなんてとんでもありません。

そして体重が少しずつ減り始めました。「ちゃんと食べてるのにおかしいなあ」とその時は思いましたが、すぐに「ああそうか。この薬は体の水分を減らしていく薬なんだ」と気づきました。

後日、眼科の先生に確認すると「ええ、体重は減りますね」と教えてくれました。

3ヶ月くらいで64キロが61キロくらいになりました。そこが底だったのか、それ以上は減ることはありませんでしたが。

テニスのほうは時間が経つにつれ疲労の度合いは減ってきて、スクールの後にテニス仲間とテニスをすることも出来るようになりましたが、以前の体力には戻ってはいませんでした。

ダブルスの大会で4試合(連続ではありませんが、だいたい全部で2時間くらい)戦ったこともありましたが、体力は大丈夫でしたが、3試合目からは集中力が続かなくなり、それも薬の副作用だったと思います。

そんなダイアモックスですが、2週間ほど前から飲むのをやめています。なぜかというと5月終わりに緑内障の手術をして、1ヶ月経ってようやく眼圧が低めで落ち着いてきたからです。もう薬を飲む必要がないということです。

目のことはまた別の機会に書きますが、いやあ、体調が戻って本当に良かったです。

別に日常生活においては気持ち悪いとかの体調不良はなかったのですが、体重も減って力が出ない感じはありました。

薬をやめてすぐに体重が戻り始め、1週間くらいで3キロ増えた、というか元に戻りました。

見た目も明らかに違います。萎んでいた体が水分を含んで膨らんだ感じです。実際そうなんですけどね。3キロはけっこう大きいですね。

 

 
なぜか人気の高いカテゴリー「50代 生き方」
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村